クレジットカード利用

クレジットカードを利用する場合、気になるのはそのリスクです。
クレジットカードを利用するということは借金の一種であり、利用方法を誤ると債務が積み重なってしまうことになります。
こういった状態が深刻になり返済が難しい状態になることを債務超過と言います。
こうなると金銭的に身動きがとれなくなってしまい、日々借金のことばかり気にして生きていくことになってしまうこともあります。
ただ、クレジット・カードの利用者の多くがそうなってしまうかというとそうではありません。
実際には多くの人が健全なカードを利用を出来ています。
では、何故そう出来ない人が発生してしまうのでしょうか?その分水嶺は、「カード」に対する理解が浅いことであると考えて良いでしょう。

カード払いを日常的に行っていると、段々感覚が麻痺してきます。
カードのお金がまるで無尽蔵に利用できるお金のようになってくると危険です。
クレジットカードによる支払いはあくまでも未来の自分からの前借りである、ということについては忘れないようにしましょう。
逆に言えば、この点にさえ気を付ければそれほど大きなトラブルにはなりません。

しかし、実はもうひとつだけクレジットカードに潜んでいるリスクがあります。
自分のお金であると理解をしていても、仕組みを知らないと引っかかってしまう可能性があります。
それが「支払方法」による違いです。
クレジットカードで利用できる支払方法の種類と、その内容について紹介します。